アイシン、安城工場を移転開設し、竣工式を実施

2024.05.30

事業展開

2024053001.JPG

 当社は、5月30日、安城工場を移転開設し、竣工式を実施しました。
 今回の移転開設は、操業60年となる安城工場の老朽化への対応と、交通・物流の面で利便性の高い「榎前地区工業団地」への移転による生産性・職場環境の向上を目的としています。

 竣工した新たな安城工場は、屋根や外壁への遮熱シートの設置による室内温度上昇抑制や、画像センサーを用いた照明制御など、新しいCO2削減アイテムを取り入れ、カーボンニュートラル実現に貢献する工場をめざしています。
 また、“人の力を最大限に引き出すオフィス”をコンセプトに、従業員の働きやすさを重視したデザインとしており、人が集まりやすいコミュニケーションエリア、ひらめきや気分の切り替えに最適なリラックスエリアなど、シーンに応じて使い分けられる環境を整備しています。

 なお、従来の安城工場の跡地は、安城市が定める「三河安城駅周辺のまちづくり」の指定区域となっており、2026年10月頃に「三河安城交流拠点(アリーナ)」が設立する予定です。

 アイシンはこれからも、「よき企業市民」として社会に寄り添い、経営理念である「“移動”に感動を、未来に笑顔を。」を実現していきます。

【施設概要】
1. 名称:株式会社アイシン 安城工場
2. 竣工:2024年5月30日
3. 所在地:愛知県安城市榎前町西林1番地1
4. 事業内容:GHP・エネファームなどのエネルギー関連機器の製造


竣工式の様子

2024053002.png記念植樹の様子