アイシングループは設立以来、競争力のある幅広い商品を世界中に送り出してきました。

それを可能にしたのは、世界のニーズをいち早く開発へ取り込むためのグローバルな開発体制や、それを支える独自の総合的な評価体制、自前主義にこだわらない幅広い業種との協業による先端技術開発。

さらに、より一層の競争力強化に向け、技術開発におけるデジタルトランスフォーメーションを加速させています。

幅広い研究開発体制により、技術開発を通して社会に貢献する

アイシンは1978年に技術系シンクタンク「テクノバ」を設立するなど、過去から調査、先端技術研究、開発に取り組み、科学技術を通じて、人類の発展に寄与するための活動を行ってきました。

今後もアイシンの幅広い研究開発体制により、技術開発を通して社会課題を解決に取り組んでいきます。