三菱電機、三菱電機モビリティ、アイシンが次世代電動化関連製品に関する合弁会社設立に基本合意

2024.05.24

事業展開

三菱電機株式会社
三菱電機モビリティ株式会社
株式会社アイシン

 三菱電機株式会社(執行役社長:漆間 啓、以下「三菱電機」)、三菱電機モビリティ株式会社(取締役社長:加賀 邦彦、以下「三菱電機モビリティ」。三菱電機と三菱電機モビリティを総称して「三菱電機グループ」)及び株式会社アイシン(取締役社長:吉田 守孝、以下「アイシン」)は、次世代電動化関連製品事業(以下「電動化事業」)に関する合弁会社(以下「本合弁会社」)の設立(以下「本取引」)に基本合意しました。

 本合弁会社は、三菱電機モビリティの一部の事業を引き継ぎ、電気自動車(BEV)や、プラグインハイブリッド車(PHEV)などの次世代電動車に搭載する駆動モーター、電力変換器(インバーター等)及びそれらの制御ソフトウェアを、車両・システム目線で最適化し、これら製品の開発・生産・販売を行います。自動車産業を取り巻く環境が大きく変化する中で、それぞれの強みを生かして多様化する電動化へのニーズに応えることで、社会全体の課題であるカーボンニュートラルの実現に貢献していきます。

 三菱電機グループは、パワー半導体、インバーターなどのパワーエレクトロニクス技術、モーター技術、制御最適化技術などに強みがあり、自動車機器事業を担う三菱電機モビリティは、これらの技術を用いてハイブリッド車(PHEV・HEV)を中心とした電動化事業に取り組んでいます。カーボンニュートラルへの取り組み加速を背景に急拡大する電動化市場のニーズを的確に捉え、新たなパートナーとのシナジーを発揮し、多様化する電動車システムに対応した製品ラインアップ拡充による成長をめざしています。

 アイシンは、BEV、PHEV、HEVなどあらゆる電動車の駆動源となる電動ユニットをフルラインアップで揃え、株式会社BluE Nexus(以下「BluE Nexus」)を通じて世界中のお客様に提供することで、クルマ全体での電費向上や走りの性能に寄与しています。クルマの電動化が一層加速する中、地域のエネルギー事情や政策を背景に、システム、性能、コストなど製品・技術へのニーズの多様化が進んでいます。これまで進めてきたフルラインアップでの技術開発構想をベースに、新会社の開発力を活用することで、多様化するニーズにきめ細かく対応し、アイシンはBluE Nexusを通じて電動ユニットのバリエーションと量の拡大をめざしています。

 本合弁会社で、三菱電機モビリティが持つモーター、電力変換器、制御最適化技術を進化させつつ、アイシンが持つインテグレーション(車両適合技術・システム統合技術)の技術力とのシナジー効果を最大化することで、新たな魅力ある製品を様々なお客様に提供していきます。

 なお、本合弁会社は、三菱電機モビリティからの会社分割により電動化事業を担う新会社として設立し、最終的には三菱電機グループがマジョリティ株主(三菱電機と三菱電機モビリティによる持分比率:66%)、アイシンがマイノリティ株主(持分比率:34%)となることを想定しておりますが、本取引の完了は競争当局をはじめとする必要な関係当局の承認・認可の取得を条件とします。

 本合弁会社の概要は別紙のとおりです。その他詳細は決定次第お知らせします。

※2019年にアイシンと株式会社デンソーの合弁で設立。電動化のための駆動モジュールの開発、適合、販売を行う。

別紙:本合弁会社の概要