2022年度グッドデザイン賞を2つのテーマで受賞

2022.10.07

技術情報

 当社は、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2022年度グッドデザイン賞」(通称:Gマーク)を、2つのテーマで受賞しました。

今回の受賞テーマ

温水洗浄便座(シャワートイレ INAX KA/KB/RAシリーズ)

<応募カテゴリー>
 浴室・洗面・水回り  ※株式会社LIXIL、アイシンの連名にて応募

<概要>
 幅広いユーザーに向けて、「清掃性・清潔性」と「分かりやすさ」を重視し、洗い心地も好みによって使い分けができるようにこだわった、普及価格帯の温水洗浄便座です。おしり洗浄の吐水量は最大約1.2倍にアップし、水の勢いはそのままに水流を太くすることで、たっぷり感のある洗い心地を実現。また、隙間や凹凸の少ない形状により、さっと一拭きできる清掃性と汚れの溜まりにくい清潔性を実現するとともに、シンプルに構成された外観は様々な便器や空間と調和します。さらに、リモコン操作と本体操作は選択可能で、自動洗浄機能付きタイプもあり、シート交換のみで快適なトイレライフを叶えます。

<評価コメント>
 日本では一般家庭はもとより、若者などの1人暮らしの賃貸住宅にも温水洗浄便座の需要がある。この製品は普及価格帯の温水洗浄便座で、デザインはとてもシンプルでさりげなく、丁度良い。清掃性や使い勝手も考慮されている。近年の空室対策にも貢献できるのではないか。

★シャワートイレ画像-2.jpg

デリバリーサービス(めしクルー)

<応募カテゴリー>
 一般・公共用システム・サービス

<概要>
 20206月に愛知県刈谷市で始まったフードデリバリーサービス「めしクルー」は、当社の乗り合い送迎サービスの「チョイソコ」や運転代行アプリ「うんてん代コール」などといった、“移動したい人や運びたいモノをそれができる移動手段とつなげるマッチングサービス”の技術やノウハウを生かし、利用者、飲食店と配達者を結びます。利用者は一度に複数の加盟飲食店のメニューを一括注文でき、1台の配達車両が複数の飲食店でピックアップし、複数の配達先に効率的に配達します。現在、全国7カ所で拡がる「めしクルー」は、今後も展開を拡大していきます。

<評価コメント>
  地域主導でつくるフードデリバリーの仕組み。軽貨物車両を使用し、複数の飲食店からピックアップ、複数の届け先に納品することで、少ないスタッフ、低コストでの運用が可能となる。スピードよりも安価であることや複数の店から注文できることなど、都心とは異なる地域ならではの最適解を模索する意義ある取り組みである。グローバルなプラットホームとは異なるアプローチでの地域活性化に期待したい。

★めしクルーロゴ①.png★めしクルーロゴ②.png