環境マネジメントシステム(EMS)の絶え間ないレベルアップ

アイシングループでは、環境トップランナーをめざす上で、EMSの継続的な改善を推進しています。国際規格「ISO14001」の取得だけでなく、さらに厳しいマネジメントレベルをグループ独自の目標として活動しています。

また、グループ全体の環境マネジメントを柱に推進するEMS研究会では、次の3つの活動を柱に推進しています。

1.標準化

「アイシン連結EMSマニュアル」「アイシングループ調達ガイドライン」を改正

2.アセスメント

上記を統一基準として国内外各社のEMS向上・改善活動に活用

3.人材育成

グループ各社の環境管理関係者に対して、専門家を招致して講習会を開催するなど、積極的なスキルアップを実施

中国でのアセスメント風景
中国でのアセスメント風景
EMS研究会 活動の3本柱
EMS研究会 活動の3本柱
ISO14001認証取得会社数/取得割合
ISO14001認証取得会社数/取得割合

世界各地での環境活動を推進

アイシングループは世界を7つの地域に分け、環境に関する情報を共有する実務推進者連絡会を定期的に開催し、日本と世界の活動を共に推進しています。今後も世界各地域での活動を拡大していきます。

世界各地での環境活動体制の整備
世界各地での環境活動体制の整備

「アイシングループグリーン調達ガイドライン」に基づく活動

「アイシングループグリーン調達ガイドライン」において、GHG排出量の削減、廃棄物を含めた資源循環、水使用量の低減、生物多様性の保全をサプライヤーに求めています。

当ガイドラインに基づく活動のひとつとして、世界で年々強化される環境法規制に確実に対応するために、環境負荷物質管理を実施。サプライヤーからの購入品に含まれる化学物質の調査を委託し、化学物質データ共有システムに関連情報の開示・登録を推進しています。

また、グループ11社の調達機能の代表者で構成される「アイシングループ仕入先環境連絡会」では、サプライヤーでの環境問題の未然防止を図るための「環境リスク点検」を、グループを挙げて行っています。具体的には、特に環境負荷の大きな工程・設備を持つ245社を環境影響面でのリスクが高いサプライヤーと認識し、法令への適合状況の確認と、危険源の特定・改善活動を促進しています。2020年度は46社の点検を実施し改善完了まで確認(対計画比100%)。引き続き環境部門と協業でサプライヤーへの改善指導の実施を進めていきます。

※グループ11社:グループ12社のうち、非生産会社のアイシン開発を除く11社

アイシングループ グリーン調達ガイドライン
アイシングループ
グリーン調達ガイドライン