開発・生産・物流における環境負荷「ゼロ」をめざして

アイシングループは環境負荷「ゼロ」をめざし、資源の有効利用やリサイクルできる商品の開発、生産や物流での資源循環の徹底、水資源の有効利用のための活動を、環境保全研究会が中心となって推進しています。

廃棄物排出量/売上高当たり排出量指数(国内連結)
廃棄物排出量/売上高当たり排出量(国内連結)
  • ※売上高当たり排出量の指数は、第6次アイシン連結環境取組プランの数値目標に対する基準年(2009年度)を100とした数値です。

  • 2020年度目標値:2009年度比28%減

水使用量
水使用量

■ 算定方法

水使用量=Σ(水道施設からの購入量+地下水取水量)

■ 集計対象範囲

アイシン精機株式会社および主要生産連結子会社128社

チェックマークの付されたデータは第三者保証を受けています。

アイシン・エィ・ダブリュ工業では、廃棄物として処理される排水処理汚泥の削減を目的に排水処理場の薬品処理工程の薬品を選定・変更し、添加量の最適化をすることで汚泥の低減を図っています。

2019年度は、各拠点の排水処理場の薬品最適化により発生する汚泥を前年度比20t低減(前年度比5%減)しました。

今後も積極的な環境負荷低減に努めます。

処理場での実機テスト
処理場での実機テスト
脱水汚泥量(単位:t)
脱水汚泥量(単位:t)

2019年11月24日に刈谷駅前にて、愛知県主催のイベント「Let's エコアクション in 愛知」に出展をしました。

海洋プラ問題の重要性を参加者に伝え、私のエコ宣言を実施。アイシングループでもレジ袋レス活動を2018年度から続けており、2020年1月からは売店でのレジ袋配布ゼロを達成しています。

ブースでの活動風景
ブースでの活動風景
レジ袋社内配布枚数(単位:万枚)
レジ袋社内配布枚数(単位:万枚)