情報開示方針

編集方針

アイシングループは、経営理念に基づき、事業を通じて社会課題を解決していくとともに、サステナビリティに関する取り組みを積極的に行っています。これらの取り組みをご理解いただき、ステークホルダーの皆さまと信頼関係を構築していくため、サステナビリティサイトを通じ、積極的に情報開示を行っています。
また、年次報告書として、「アイシングループレポート(統合報告書)」を発行しています。

対象期間

2022年度(2022年4月1日から2023年3月31日)を中心に、一部それ以外の期間の活動についても記載しています。

対象範囲

原則としてアイシングループ(株式会社アイシンおよび連結子会社)を対象としています。また記載情報ごとに対象範囲が異なる場合には、グループ4社、グループ12社のように、その旨を明記しています。

参考ガイドライン

ISO26000(社会的責任のガイダンス規格)(ISO)、「国際統合フレームワーク」価値報告財団(VRF)、「価値創造のための統合的開示・対話ガイダンス」経済産業省米国サステナビリティ会計基準審議会(SASB)、「GRIスタンダード」(Global Reporting Initiative)、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)、自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)